レジデンス事業

アーティスト・イン・レジデンス

レジデンス事業

アーティスト・イン・レジデンス

アーティスト・イン・レジデンスとは

アーティストを行う人物を一定期間招聘し、その土地に滞在しながら作品制作を行ってもらう事業

はじめに

多久市アーティスト・イン・レジデンス(芸術家滞在制作)は多久市(九州北部)を中心とした文化芸術の交流拠点として、アーティストが集まり多久市民により文化芸術に関わってもらえる為に始まった多久市が主催する事業です。

冨永ボンド氏の発案から、地元を知り尽くしている「たく21」と、東京を始めとする国内、ドイツを中心としたヨーロッパ、台湾などにネットワークを持つ株式会社FUNIDEAが運営するギャラリー、「Artas Gallery」(アルタスギャラリー)が事業を委託される運びになりました。

ART|レジデンス事業|多久市|takushi

佐賀県多久市

ART|レジデンス事業|多久市まちづくり交流センター|あいぱれっと|aiparetto

多久市まちづくり交流センター あいぱれっと

佐賀県多久市

多久市は佐賀県の中央部に位置する盆地にあり、山々に囲まれる美しい場所にあります。

史跡の町と呼ばれ、1708年(宝永5年)に竣工された孔子を祀る国の重要文化財「多久聖廟」があり、今もなお孔子の教えが残る、孔子の里と呼ばれています。

ART|レジデンス事業|多久市|多久聖廟|takuseibyou

多久聖廟

ART|レジデンス事業|多久市|多久聖廟内観|takuseubyou-naikan

多久聖廟内観

多久市アーティスト・イン・レジデンス

2020年、多久市アーティスト・イン・レジデンスではドイツ・ベルリンでハードウェア・テクノ・ユニット「Sub Human Bros(サブ・ヒューマン・ブロス)」として活動されている坂本豊さんをお招きして行われました。

坂本豊さんは多久市に2020年2月17日(月曜日)から3月2日(月曜日)、うるう年だった為2月29日も含む15日間滞在され、多久市商店街にあるreco:plays(レコプレイス)にて2月18日から3月1日まで公開制作をされました。

ミュージシャンをお招きして、コンセプチュアル・メディア・アートを主体として制作、発表を行うアートアーティスト・イン・レジデンスはまだ世界的にみて珍しい試みですが、徐々にアメリカやヨーロッパでも広がりをみせつつあります。

この多久市のアーティスト・イン・レジデンスは佐賀県、ひいては日本の中でも先進的であり、日本の飽和しつつあるアーティスト・イン・レジデンスのあり方を、またアーティスト・イン・レジデンスを通して行われる町おこしに新たな風を吹き込む事が出来ました。

残念ながら新型ウィルスの世界的な流行の為、厚生労働省の指針により当初予定されていた成果物発表は延期され、成果物発表の公開日は未定になっております。(2020年3月3日現在)

ART|レジデンス事業|多久市|レコプレイス|reco:plays02

reco:pleysにて公開制作中

ART|レジデンス事業|多久市|レコプレイス|reco:plays05

reco:pleysにて公開制作中

ART|レジデンス事業|多久市|レコプレイス|reco:plays

reco:pleys/スピーカー設置の様子

ART|レジデンス事業|多久市|レコプレイス|reco:plays03

reco:pleys/スピーカー設置の様子

SCOLCAFEでの創作活動

多久市にあるSCOLCAFEでは坂本豊がレジデンス滞在中に毎日訪れ、試験的にAnker社のSoundCore mini4台を使用し各スピーカーから流れる周波数である[音]を各スピーカーごとに制作し、SCOLCAFE内に立体的に配置する事により、より体に馴染む自然[音]が流れる空間を作り出していました。

秋の⾍の声や冬の森の朝など、季節ごとの象徴である[⾳]の制作をライフワークの1つとして制作しており、私たちが普段耳にする音を通して、音からみる[音]のなる土地の可能性と、そこで生活する人間の生活を文化人類学的な視点からも訴えかけて来ます。

多久市アーティスト・イン・レジデンスで制作された坂本豊の[SVNS]はメディア・アートの1つの分岐点として存在する事になるでしょう。

ART|レジデンス事業|多久市|SCOLCAFE|scolcafe01

SCOL CAFE店内/フライヤー設置の様子

ART|レジデンス事業|多久市|SCOLCAFE|scolcafe03

SCOL CAFE天井

SVNS(シンセティック・ヴァーチャ・ネイチャー・サウンド)

作品解説
【坂本豊が制作する⾳の芸術】
⼈間の作った時を刻む⾳(ビートやリズム、モーター)などの機械的な⾳には[時間]という[⾳]が発⽣しています。

坂本豊がライフワークの1つとして制作しているSVNS(シンセティック・ヴァーチャ・ネイチャー・サウンド)は時間を感じさせる[⾳]を省く事で、[時間]ではなく、⽬の前で流れる[そのままの時]を感じる[⾳]をシンセサイザーで0から⼈⼯的に再現した作品です。

私達が日常生活のどこかで1度は耳にした事のある周波数である[音]を作り出す事によって、録音された自然の音ではありえない、懐かしく感じ、体に馴染む[ノイズ]として、坂本豊が制作するSVNSは違和感なく1日聴き続けられる事ができます。

ART|レジデンス事業|多久市|音録り|gaou02

多久市の音を感じる

ART|レジデンス事業|多久市|音録り|gaou01

多久市の音を感じる

”時間”とは⼈間が作り出した”時”を測る物差しのこと。
”時”は⾒えずとも⽬の前に常に存在する。
海や⼭に⾏って ”癒される” という感覚は ”時間” という概念から脳が解放され、
⼆度と繰り返す事の無い、不規則なシーケンスの⾳を⽿で追う事をやめて、
ただ ”⾳が⼊ってくる状態” の事だと思う。

そこで、聞き慣れた⾃然の⾳の周波数、⾳の鳴りかたを真似し、 ”シンセサイザ ー”を使って再現。

アンビエント的写実ノイズ作品であり、⼀⾵変わったミニマルなランドスケープミュージックでもある。
BGMのバックグラウンドでも機能するデザインされた、⽣活に溶け込む⾳。

坂本豊

レジデンス記録冊子作成

資料冊子では坂本豊さんの多久市での滞在と制作の記録と多久市に根を張り暮らし、生活をしている人たちにどの様な変化と効果があったかを紹介しています。

下記の冊子は資料冊子とは別に、アーティスト・イン・レジデンスの模様をZINEに納めた写真集です。artas gallery オンラインショップでもご紹介、販売しております。

アート事業|レジデンス事業|多久市|資料

artas gallery オンラインショップ:https://artasgallery.base.ec/

文庫本サイズ
48ページ

佐賀県多久市で2020年2月17日から3月1日の期間に、坂本豊さんを迎えて行なわれたアーティスト・イン・レジデンスの模様を収めた写真集。多久市へ提出された活動報告のページも収録。

坂本豊(Sub Human Bros)
Sub Human Bros(サブ・ヒューマン・ブロス)名義で兄のMakoto Sakamotoとのハードウェアテクノユニットを主として活動するミュージシャン、音響アーティスト。

ドイツ・ベルリンでのアーティスト活動を経て、2020年1月現在、Makoto Sakamotoはベルリン、坂本豊は九州を活動の拠点としている。ソロ活動としてSVNS(シンセティック・ヴァーチャ・ネイチャー・サウンド)という擬似⾃然⾳を制作するなど、ジャンルに囚われない活動をしている。

SVNS(シンセティック・ヴァーチャ・ネイチャー・サウンド)
【坂本豊が制作する音の芸術】
”時間”とは人間が作り出した”時”を測る物差しのこと。 ”時”は見えずとも目の前に常に存在する。
海や山に行って ”癒される” という感覚は ”時間” という概念から脳が解放され、 二度と繰り返す事の無い、不規則なシーケンスの音を耳で追う事をやめて、 ただ ”音が入ってくる状態” の事だと思う。
そこで、聞き慣れた自然の音の周波数、音の鳴りかたを真似し、 ”シンセサイザー”を使って忠実に再現。

アンビエント的写実ノイズ作品であり、一風変わったミニマルテクノでもある。 BGMのバックグラウンドでも機能するデザインされた、生活に溶け込む音。

多久市アーティスト・イン・レジデンスによせて

自分が住む場所は自分達で作る。

自分たちの考えで自分たちの考えに基づいた信念に沿った行動をしていく。

文化はその土地に根を張り暮らす人々から生まれ、受け継がれていく。

多久は本当に素晴らしい人たちが根を張り暮らしている場所だと、2020年2月17日から3月2日までの、閏年の2月29日を含む15日間間、レコプレイスで行われた坂本豊さんの公開制作を通して感じました。

坂本豊さんを中心に動き出したアーティスト・イン・レジデンスは多久市の皆さんの心を動かしていくきっかけになったと思っております。

アーティスト・イン・レジデンスが持つ本来の意義は、多久に根を張り暮らす全ての人に滞在制作を通した文化芸術の恩恵をもたらす事であり、その恩恵を受ける権利は多久市すべての人にあるのです。

滞在制作が行われた事により本来の意義が多久に浸透したと思っております。

新型ウィルスの影響もあり、成果物の発表を予定していた催しが厚生労働省の指針により延期になってしまい、最終的な着地点が分かりづらくなってしまいましたが、もし許されるのであれば今後も多久市に、多久という土地に携わっていけたらなと強く思いました。

今回のレジデンス成功に向けたご尽力して頂いた多久市行政の皆様、たく21の皆様、まちづくり協議会の皆様、そして企画発案者である冨永ボンド様に深い敬意を表したいと思います。

2020年3月3日
Artas Gallery
峰松宏徳

CONTACT

お見積りやご相談は、メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。
専属の担当者が丁寧に対応いたします。

CONTACT

お見積りやご相談は、
メール/お電話にてお気軽にご連絡ください。
専属の担当者が丁寧に対応いたします。

Start typing and press Enter to search

Shopping Cart